飛び込み営業の成功率を上げる8の手法【2万件周ってわかったこと】

営業ノウハウ

 

飛び込み営業の成功率ってどれくらいなんだろうか?メンタルやられながらゴールが見えないとヤル気が出ないよ‥。 そしてどうすれば飛び込み営業の成功率って上がるのかなぁ? 具体的な方法が知りたい。 もっと営業で成果を出せるようになりたいなぁ。

 

こんな疑問にお答えします。

✔︎本記事の内容

  • 飛び込み営業の成功率は泣きたくなる程低い
  • 飛び込み営業の成功率を上げる8つの手法
  • 営業成績を上げるための3大戦略

R:この記事を書いてるぼくは、営業歴9年目。 累計20,000件以上飛び込み営業をしてきました。コツを掴み成績は全国でトップを何度も獲得しました。

 

※3分でサクッと読めます。8年間、20,000件の営業で培ったノウハウを凝縮しました。

まずは成功率がどれくらいあるかを知ることによって、気持ちを落ち着かせてください。

  1. 飛び込み営業の成功率は泣きたくなる程低い
    1. 【飛び込み営業の成功率】200件周ってようやく1件くらい
    2. 【飛び込み営業】チャンスは1回キリじゃない
    3. 営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる
    4. 営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる
    5. 営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる
    6. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(6):最初にGIVEする
    7. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(7):落ち着く時間帯を狙う
    8. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(8):受付と仲良くなる
  2. 営業成績を上げるための3大戦略
    1. 営業成績を上げるための3大戦略(1):モチベーションを高める
    2. 営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる
    3. 営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる
    4. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(4):メッセージカードを使う
    5. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(5):量をこなしまくる
    6. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(6):最初にGIVEする
    7. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(7):落ち着く時間帯を狙う
    8. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(8):受付と仲良くなる
  3. 営業成績を上げるための3大戦略
    1. 営業成績を上げるための3大戦略(1):モチベーションを高める
    2. 営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる
    3. 営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる
  4. 飛び込み営業の成功率を上げる8つの手法
    1. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(1):宿題をもらう
    2. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(2):準備に8割の力を注ぐ
    3. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(3):身だしなみを整える
    4. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(4):メッセージカードを使う
    5. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(5):量をこなしまくる
    6. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(6):最初にGIVEする
    7. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(7):落ち着く時間帯を狙う
    8. 飛び込み営業の成功率を上げる手法(8):受付と仲良くなる
  5. 営業成績を上げるための3大戦略
    1. 営業成績を上げるための3大戦略(1):モチベーションを高める
    2. 営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる
    3. 営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる

飛び込み営業の成功率は泣きたくなる程低い

飛び込み営業の成功率はめちゃくちゃ低いです。

なぜなら、飛び込み営業はそもそもハードルが高く、門前払いされることも多い営業スタイルだからです。

【飛び込み営業の成功率】200件周ってようやく1件くらい

職種や個人で差はありますが、ぼくの場合はおおよそ200件くらい周ってようやく1件の受注が生まれます。

8年間、20,000件以上周って出たデータですので信頼性は高いかと。

【飛び込み営業】チャンスは1回キリじゃない

飛び込み営業は『野球のバッター』と一緒です。

なぜなら成約を勝ち取るチャンスは一回きりじゃないからです。  

野球のバッターと同じように球種やピッチャーのクセを分析しつつ、日々の練習から3ストライクを取られるまでバットを振ること(訪問すること)ができます。

さらに飛び込み営業には3ストライクと言う概念がないためより多くのチャンスが待っています。  

そして時間や面会回数をかければかけるほど成約や受注に近づいていきます。

時にはラッキーヒットもあります。  

なので、まずは成果が出なくても安心してください。

ちなみに下記の記事で営業マンにおすすめな便利アプリをまとめていますので参考にどうぞ。  

ということで、今回は以上です。

営業はすべてのビジネスに必要なスキルです。

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまで極めてみましょう\( ˆoˆ )/

パクることこそ一番の成功への近道です。

営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる

営業をサポートしてくれるツールを使って、効率化を計りましょう。

効率化は時間を生み出してくれます。  

できた時間でさらに分析や戦略を練ったり、時にはサボったっていいんです。

ちなみに下記の記事で営業マンにおすすめな便利アプリをまとめていますので参考にどうぞ。  

ということで、今回は以上です。

営業はすべてのビジネスに必要なスキルです。

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまで極めてみましょう\( ˆoˆ )/

下記の記事がヒントになれば幸いです。

営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる

TTP=『徹底的にパクる』です。

成果が出ている人からは素直に手法や考え方をパクりましょう。  

先輩や上司、部下や後輩、誰であれ成果が出ていれば正義です。

貪欲にパクりましょう。  

パクることこそ一番の成功への近道です。

営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる

営業をサポートしてくれるツールを使って、効率化を計りましょう。

効率化は時間を生み出してくれます。  

できた時間でさらに分析や戦略を練ったり、時にはサボったっていいんです。

ちなみに下記の記事で営業マンにおすすめな便利アプリをまとめていますので参考にどうぞ。  

ということで、今回は以上です。

営業はすべてのビジネスに必要なスキルです。

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまで極めてみましょう\( ˆoˆ )/

量をこなすうちに質も自ずと磨かれます。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(6):最初にGIVEする

面会したらまずはGIVEしましょう。

なぜならこちらの話を聞いてくれやすくなるからです。  

会社の予算によるところが大きいですが、プレゼントや有益なツール、事務用品などをもらうと誰だって喜びます。

また返報性の原理が働いて相手は『何かお返ししなくちゃ』と言う心理状態になります。

モノがなければまず最初に下から入ります。  

例えば『お忙しいところすいません〜。』は必ず言いましょう。

最初にどれだけ心を開いてもらうかが勝負の鍵です。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(7):落ち着く時間帯を狙う

落ち着く時間帯を狙いましょう。

気持ちがリラックスしていると驚くほど話を聞いてくれますよ。  

ぼくがよく狙う時間帯は夕方です。

仕事を終え、ほっと一段楽している時は入り込みやすいです。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(8):受付と仲良くなる

受付はバカにできません。

なぜなら営業相手のスケジュールや滞在しやすい時間等を把握しているのはもちろん、根回ししてくれることがあるからです。  

例え、お目当ての人への営業が叶わなくとも、数秒だけでもいいので受付や事務員の人と会話をするように心がけましょう。  

また前述したプレゼントや事務用品を受付にあげるのもかなり効果的です。

営業成績を上げるための3大戦略

以下の営業に必要な3大要素をブラッシュアップしていけば成績は自ずと上がります。

  • その①:モチベーションを上げる
  • その②:TTP戦略を用いる
  • その③:コスパを上げる

上記のとおり。

それぞれ順番に解説します。

営業成績を上げるための3大戦略(1):モチベーションを高める

営業はモチベーションをコントロールできた人が勝ちます。

自分なりのモチベアップの方法を模索しましょう。  

下記の記事がヒントになれば幸いです。

営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる

TTP=『徹底的にパクる』です。

成果が出ている人からは素直に手法や考え方をパクりましょう。  

先輩や上司、部下や後輩、誰であれ成果が出ていれば正義です。

貪欲にパクりましょう。  

パクることこそ一番の成功への近道です。

営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる

営業をサポートしてくれるツールを使って、効率化を計りましょう。

効率化は時間を生み出してくれます。  

できた時間でさらに分析や戦略を練ったり、時にはサボったっていいんです。

ちなみに下記の記事で営業マンにおすすめな便利アプリをまとめていますので参考にどうぞ。  

ということで、今回は以上です。

営業はすべてのビジネスに必要なスキルです。

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまで極めてみましょう\( ˆoˆ )/

第一印象は関係構築にあたってかなり重要になってきます。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(4):メッセージカードを使う

不在時や面会ができなかった時は、手書きのメッセージカードを利用しましょう。

お伺いした旨と簡単な自己紹介でOKです。  

結構バカにできない効果が期待できます。

ぼくも多用してますが、まごころを込めたメッセージに感動したとお礼の電話をもらうことが多々あります。  

何ならポスティングだけでも十分効果が見込めます。

どうしても飛び込み営業が苦手な人はまずはポスティングから始めてもいいかもしれません。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(5):量をこなしまくる

質より量です。圧倒的に量。

営業は運ゲー要素も満載です。  

冒頭でもお話ししましたが飛び込み営業にはラッキーパンチが往々にしてあります。

めげずにひたすら量をこなしてください。  

量をこなすうちに質も自ずと磨かれます。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(6):最初にGIVEする

面会したらまずはGIVEしましょう。

なぜならこちらの話を聞いてくれやすくなるからです。  

会社の予算によるところが大きいですが、プレゼントや有益なツール、事務用品などをもらうと誰だって喜びます。

また返報性の原理が働いて相手は『何かお返ししなくちゃ』と言う心理状態になります。

モノがなければまず最初に下から入ります。  

例えば『お忙しいところすいません〜。』は必ず言いましょう。

最初にどれだけ心を開いてもらうかが勝負の鍵です。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(7):落ち着く時間帯を狙う

落ち着く時間帯を狙いましょう。

気持ちがリラックスしていると驚くほど話を聞いてくれますよ。  

ぼくがよく狙う時間帯は夕方です。

仕事を終え、ほっと一段楽している時は入り込みやすいです。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(8):受付と仲良くなる

受付はバカにできません。

なぜなら営業相手のスケジュールや滞在しやすい時間等を把握しているのはもちろん、根回ししてくれることがあるからです。  

例え、お目当ての人への営業が叶わなくとも、数秒だけでもいいので受付や事務員の人と会話をするように心がけましょう。  

また前述したプレゼントや事務用品を受付にあげるのもかなり効果的です。

営業成績を上げるための3大戦略

以下の営業に必要な3大要素をブラッシュアップしていけば成績は自ずと上がります。

  • その①:モチベーションを上げる
  • その②:TTP戦略を用いる
  • その③:コスパを上げる

上記のとおり。

それぞれ順番に解説します。

営業成績を上げるための3大戦略(1):モチベーションを高める

営業はモチベーションをコントロールできた人が勝ちます。

自分なりのモチベアップの方法を模索しましょう。  

下記の記事がヒントになれば幸いです。

営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる

TTP=『徹底的にパクる』です。

成果が出ている人からは素直に手法や考え方をパクりましょう。  

先輩や上司、部下や後輩、誰であれ成果が出ていれば正義です。

貪欲にパクりましょう。  

パクることこそ一番の成功への近道です。

営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる

営業をサポートしてくれるツールを使って、効率化を計りましょう。

効率化は時間を生み出してくれます。  

できた時間でさらに分析や戦略を練ったり、時にはサボったっていいんです。

ちなみに下記の記事で営業マンにおすすめな便利アプリをまとめていますので参考にどうぞ。  

ということで、今回は以上です。

営業はすべてのビジネスに必要なスキルです。

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまで極めてみましょう\( ˆoˆ )/

飛び込み営業は数ある営業スタイルの中でも群を抜いて結果が出にくいです。

飛び込み営業の成功率を上げる8つの手法

続いてぼくがヒットやホームランを打ちやすくするためのコツを惜しみなくさらけ出します。

全国トップになるために使っている手法は下記のとおり。

  • 手法①:宿題をもらう
  • 手法②:準備に8割の力を注ぐ
  • 手法③:身だしなみを整える
  • 手法④:メッセージカードを使う
  • 手法⑤:量をこなしまくる
  • 手法⑥:最初にGIVEする
  • 手法⑦:落ち着く時間帯を狙う
  • 手法⑧:受付と仲良くなる

上記のとおり。

ひとつずつ順番に解説していきます。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(1):宿題をもらう

ヒアリングです。

営業先から宿題をもらいましょう。

次につながりやすくなるからです。  

例えば営業相手の困りごとや、欲しているものを聞き出し次回の訪問で回答する感じ。

相手にとってあなたが有益な存在であると認識してくれます。  

たくさんいる営業マンの中からあなたの印象が格段に強くなります。

そして宿題をもらったらできるだけマッハで答えるようにしましょう。  

レスポンスの速さは意識次第です。

秒速で答えて他の営業マンを出し抜きましょう。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(2):準備に8割の力を注ぐ

事前の準備やリサーチに力を注ぎましょう。

飛び込み営業自体にかける力は少なくてOK。  

飛び込み営業自体にストレスやハードルを感じることが多いのでまずは足を動かしやすく気楽に捉えるといいです。  

準備に力を注げば訪問したくなります。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(3):身だしなみを整える

当たり前ですが身だしなみや言葉使い、一般的な礼儀は身につけ常に気をつけましょう。

第一印象は関係構築にあたってかなり重要になってきます。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(4):メッセージカードを使う

不在時や面会ができなかった時は、手書きのメッセージカードを利用しましょう。

お伺いした旨と簡単な自己紹介でOKです。  

結構バカにできない効果が期待できます。

ぼくも多用してますが、まごころを込めたメッセージに感動したとお礼の電話をもらうことが多々あります。  

何ならポスティングだけでも十分効果が見込めます。

どうしても飛び込み営業が苦手な人はまずはポスティングから始めてもいいかもしれません。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(5):量をこなしまくる

質より量です。圧倒的に量。

営業は運ゲー要素も満載です。  

冒頭でもお話ししましたが飛び込み営業にはラッキーパンチが往々にしてあります。

めげずにひたすら量をこなしてください。  

量をこなすうちに質も自ずと磨かれます。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(6):最初にGIVEする

面会したらまずはGIVEしましょう。

なぜならこちらの話を聞いてくれやすくなるからです。  

会社の予算によるところが大きいですが、プレゼントや有益なツール、事務用品などをもらうと誰だって喜びます。

また返報性の原理が働いて相手は『何かお返ししなくちゃ』と言う心理状態になります。

モノがなければまず最初に下から入ります。  

例えば『お忙しいところすいません〜。』は必ず言いましょう。

最初にどれだけ心を開いてもらうかが勝負の鍵です。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(7):落ち着く時間帯を狙う

落ち着く時間帯を狙いましょう。

気持ちがリラックスしていると驚くほど話を聞いてくれますよ。  

ぼくがよく狙う時間帯は夕方です。

仕事を終え、ほっと一段楽している時は入り込みやすいです。

飛び込み営業の成功率を上げる手法(8):受付と仲良くなる

受付はバカにできません。

なぜなら営業相手のスケジュールや滞在しやすい時間等を把握しているのはもちろん、根回ししてくれることがあるからです。  

例え、お目当ての人への営業が叶わなくとも、数秒だけでもいいので受付や事務員の人と会話をするように心がけましょう。  

また前述したプレゼントや事務用品を受付にあげるのもかなり効果的です。

営業成績を上げるための3大戦略

以下の営業に必要な3大要素をブラッシュアップしていけば成績は自ずと上がります。

  • その①:モチベーションを上げる
  • その②:TTP戦略を用いる
  • その③:コスパを上げる

上記のとおり。

それぞれ順番に解説します。

営業成績を上げるための3大戦略(1):モチベーションを高める

営業はモチベーションをコントロールできた人が勝ちます。

自分なりのモチベアップの方法を模索しましょう。  

下記の記事がヒントになれば幸いです。

営業成績を上げるための3大戦略(2):TTP戦略を用いる

TTP=『徹底的にパクる』です。

成果が出ている人からは素直に手法や考え方をパクりましょう。  

先輩や上司、部下や後輩、誰であれ成果が出ていれば正義です。

貪欲にパクりましょう。  

パクることこそ一番の成功への近道です。

営業成績を上げるための3大戦略(3):コスパを上げる

営業をサポートしてくれるツールを使って、効率化を計りましょう。

効率化は時間を生み出してくれます。  

できた時間でさらに分析や戦略を練ったり、時にはサボったっていいんです。

ちなみに下記の記事で営業マンにおすすめな便利アプリをまとめていますので参考にどうぞ。  

ということで、今回は以上です。

営業はすべてのビジネスに必要なスキルです。

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまで極めてみましょう\( ˆoˆ )/

コメント

タイトルとURLをコピーしました