営業を辞めたいと思う12の理由【解決方法から注意点まで解説する】

営業の疑問

 

みんながどういう理由で営業を辞めたくなるのか知りたい。このままやっていけそうもなく、不安だなぁ。 営業がつらくなってきちゃった‥。ぼくにはどんな道が残されているんだろう。

 

こんな悩みにお答えします。  

✔︎この記事の内容

  • 営業を辞めたいと思う12の理由
  • 営業を辞めたいと思ったら‥

この記事を書いてるぼくは、営業歴9年目。  

管理職として採用に関わる一方で多くの退職者も見てきました。 退職者とは今でも関わりを持っています。

この記事を読み終えたあとは、営業を続けていくか否かの判断基準と後悔するリスクを減らす方法が手に入っているはず。  

※3分でサクッと読めます。8年間の経験を凝縮しました。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

今一度立ち止まりメリットを数えてみましょう。

営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える

営業にも様々な種類があるので手法や目標を変えるのも手です。

 

営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する

大声でおすすめはできませんし、完全に自己責任でお願いします。  

営業のメリットのひとつとしてある程度時間を自分でコントロールできる点があります。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

GPSをつけられたり、頻繁に電話してきたりされると当然鬱陶しくなりますね。

    1. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく
    2. 営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える
    3. 営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する
    4. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく
  1. 営業を辞めたいと思ったら‥
    1. 営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える
    2. 営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える
    3. 営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する
    4. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく
    5. 営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい
  2. 営業を辞めたいと思ったら‥
    1. 営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える
    2. 営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える
    3. 営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する
    4. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく
    5. 営業を辞めたいと思う理由その⑩:会社が嫌
    6. 営業を辞めたいと思う理由その⑪:やる気が起きない
    7. 営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい
  3. 営業を辞めたいと思ったら‥
    1. 営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える
    2. 営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える
    3. 営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する
    4. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく
    5. 営業を辞めたいと思う理由その③:残業が半端ない
    6. 営業を辞めたいと思う理由その④:人に頭を下げたくない
    7. 営業を辞めたいと思う理由その⑤:商品やサービスを好きになれない
    8. 営業を辞めたいと思う理由その⑥:人間関係に疲れた
    9. 営業を辞めたいと思う理由その⑦:つまらなくなった
    10. 営業を辞めたいと思う理由その⑧:数字が嫌い
    11. 営業を辞めたいと思う理由その⑨:トークが苦手すぎる
    12. 営業を辞めたいと思う理由その⑩:会社が嫌
    13. 営業を辞めたいと思う理由その⑪:やる気が起きない
    14. 営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい
  4. 営業を辞めたいと思ったら‥
    1. 営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える
    2. 営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える
    3. 営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する
    4. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく
  5. 営業を辞めたいと思う12の理由
    1. 営業を辞めたいと思う理由その①:ノルマがきつい
    2. 営業を辞めたいと思う理由その②:成績が上がらない
    3. 営業を辞めたいと思う理由その③:残業が半端ない
    4. 営業を辞めたいと思う理由その④:人に頭を下げたくない
    5. 営業を辞めたいと思う理由その⑤:商品やサービスを好きになれない
    6. 営業を辞めたいと思う理由その⑥:人間関係に疲れた
    7. 営業を辞めたいと思う理由その⑦:つまらなくなった
    8. 営業を辞めたいと思う理由その⑧:数字が嫌い
    9. 営業を辞めたいと思う理由その⑨:トークが苦手すぎる
    10. 営業を辞めたいと思う理由その⑩:会社が嫌
    11. 営業を辞めたいと思う理由その⑪:やる気が起きない
    12. 営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい
  6. 営業を辞めたいと思ったら‥
    1. 営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える
    2. 営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える
    3. 営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する
    4. 【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと
      1. 注意点その①:早すぎるのはNG
      2. 注意点その②:理由を明確化しておく

営業を辞めたいと思ったら‥

営業をもう続けることが難しいと思ったら下記の手順で行動してみてください。

  • その①:メリットを数える
  • その②:スタイルを変える
  • その③:サボって副業する

ひとつずつ深掘りしていきます。

営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える

営業にはメリットがたくさんあります。  

今一度立ち止まりメリットを数えてみましょう。

営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える

営業にも様々な種類があるので手法や目標を変えるのも手です。

 

営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する

大声でおすすめはできませんし、完全に自己責任でお願いします。  

営業のメリットのひとつとしてある程度時間を自分でコントロールできる点があります。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

特に嫌になったわけでもなく成績が悪いわけでもないのに急に全てのことが面倒臭くなってしまうことがあります。

営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい

ある程度の自由を求めて営業職になったのに、会社のがんじがらめな監視や管理に嫌気が差す場合。  

GPSをつけられたり、頻繁に電話してきたりされると当然鬱陶しくなりますね。

営業を辞めたいと思ったら‥

営業をもう続けることが難しいと思ったら下記の手順で行動してみてください。

  • その①:メリットを数える
  • その②:スタイルを変える
  • その③:サボって副業する

ひとつずつ深掘りしていきます。

営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える

営業にはメリットがたくさんあります。  

今一度立ち止まりメリットを数えてみましょう。

営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える

営業にも様々な種類があるので手法や目標を変えるのも手です。

 

営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する

大声でおすすめはできませんし、完全に自己責任でお願いします。  

営業のメリットのひとつとしてある程度時間を自分でコントロールできる点があります。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

圧倒的に口下手で自分自身に絶望するパターン。

営業を辞めたいと思う理由その⑩:会社が嫌

営業以外のところでストレスを受けるパターンですね。  

いくら営業が好きでも所属する部署や会社のことを好きになれなければ継続していくのは難しいですね。

営業を辞めたいと思う理由その⑪:やる気が起きない

営業は無気力状態に陥ってしまうリスクを秘めた職種です。

なぜなら孤独な時間が多いから。  

特に嫌になったわけでもなく成績が悪いわけでもないのに急に全てのことが面倒臭くなってしまうことがあります。

営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい

ある程度の自由を求めて営業職になったのに、会社のがんじがらめな監視や管理に嫌気が差す場合。  

GPSをつけられたり、頻繁に電話してきたりされると当然鬱陶しくなりますね。

営業を辞めたいと思ったら‥

営業をもう続けることが難しいと思ったら下記の手順で行動してみてください。

  • その①:メリットを数える
  • その②:スタイルを変える
  • その③:サボって副業する

ひとつずつ深掘りしていきます。

営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える

営業にはメリットがたくさんあります。  

今一度立ち止まりメリットを数えてみましょう。

営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える

営業にも様々な種類があるので手法や目標を変えるのも手です。

 

営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する

大声でおすすめはできませんし、完全に自己責任でお願いします。  

営業のメリットのひとつとしてある程度時間を自分でコントロールできる点があります。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

かなり早い段階で向いていないと決めつけてしまうのはもったいないです。

営業を辞めたいと思う理由その③:残業が半端ない

顧客や取引先の要望に合わせて時間外で働いたり、通常の営業活動以外の資料作成等の事務処理もこなす場合が多いです。  

残業に関しては、あまりにも多い場合はすぐ転職の準備を始めた方が吉。

営業を辞めたいと思う理由その④:人に頭を下げたくない

プライドが高い人に多いです。  

もうペコペコするのはごめんだ、ストレスにしかならない、というケース。

営業を辞めたいと思う理由その⑤:商品やサービスを好きになれない

自分が自信を持っておすすめできない商品やサービスを売るケース。

心が荒んでいきます。  

病んでしまう大きな原因にもなります。

営業を辞めたいと思う理由その⑥:人間関係に疲れた

社内でも大変なのに、外部でまで気を遣ったりしていくのに限界を感じるケース。

営業を辞めたいと思う理由その⑦:つまらなくなった

一度成果を出したり、目標を達成したりして物足りなくなってしまうケース。  

または、『自分じゃなくてもできるんじゃ‥』とか『手を抜いても大丈夫だな‥。』と感じると急に冷めてしまいます。

営業を辞めたいと思う理由その⑧:数字が嫌い

結果主義に嫌気が差してしまう場合です。

無機質になりがちな部分もあるので、仕事自体が楽しくなるなってしまいます。  

また、頑張ったことを評価されなくて嫌になるケースも。

営業を辞めたいと思う理由その⑨:トークが苦手すぎる

圧倒的に口下手で自分自身に絶望するパターン。

営業を辞めたいと思う理由その⑩:会社が嫌

営業以外のところでストレスを受けるパターンですね。  

いくら営業が好きでも所属する部署や会社のことを好きになれなければ継続していくのは難しいですね。

営業を辞めたいと思う理由その⑪:やる気が起きない

営業は無気力状態に陥ってしまうリスクを秘めた職種です。

なぜなら孤独な時間が多いから。  

特に嫌になったわけでもなく成績が悪いわけでもないのに急に全てのことが面倒臭くなってしまうことがあります。

営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい

ある程度の自由を求めて営業職になったのに、会社のがんじがらめな監視や管理に嫌気が差す場合。  

GPSをつけられたり、頻繁に電話してきたりされると当然鬱陶しくなりますね。

営業を辞めたいと思ったら‥

営業をもう続けることが難しいと思ったら下記の手順で行動してみてください。

  • その①:メリットを数える
  • その②:スタイルを変える
  • その③:サボって副業する

ひとつずつ深掘りしていきます。

営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える

営業にはメリットがたくさんあります。  

今一度立ち止まりメリットを数えてみましょう。

営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える

営業にも様々な種類があるので手法や目標を変えるのも手です。

 

営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する

大声でおすすめはできませんし、完全に自己責任でお願いします。  

営業のメリットのひとつとしてある程度時間を自分でコントロールできる点があります。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

本題に入る前にそもそも営業する意味って何なのか分からなくなっている人もいると思います。  

営業を辞めたいと思う12の理由

  1. ノルマがきつい
  2. 成績が上がらない
  3. 残業が半端ない
  4. 人に頭を下げたくない
  5. 商品やサービスが好きになれない
  6. 人間関係に疲れた
  7. つまらなくなった
  8. 数字が嫌い
  9. トークが苦手すぎる
  10. 会社が嫌い
  11. やる気が起きない
  12. 監視がきつい

ひとつずつ順番に解説していきます。

営業を辞めたいと思う理由その①:ノルマがきつい

設定されたノルマが到底達成不可能なケース。  

設定値に関しては会社や上司次第なところもあり、事前に確認するのは難しいかもしれません。  

また、他の営業マンはできても自分にはむり‥と思うことも往々にしてあります。

営業を辞めたいと思う理由その②:成績が上がらない

自分なりに頑張ってみても全然成果が上がらない‥。ぼくも経験しました。  

ただ成績はすぐには上がらないものです。

すぐ上がった人はラッキーなだけの場合が多いですので地道にコツコツ積み上げていくことができれば自ずと上がってきます。  

かなり早い段階で向いていないと決めつけてしまうのはもったいないです。

営業を辞めたいと思う理由その③:残業が半端ない

顧客や取引先の要望に合わせて時間外で働いたり、通常の営業活動以外の資料作成等の事務処理もこなす場合が多いです。  

残業に関しては、あまりにも多い場合はすぐ転職の準備を始めた方が吉。

営業を辞めたいと思う理由その④:人に頭を下げたくない

プライドが高い人に多いです。  

もうペコペコするのはごめんだ、ストレスにしかならない、というケース。

営業を辞めたいと思う理由その⑤:商品やサービスを好きになれない

自分が自信を持っておすすめできない商品やサービスを売るケース。

心が荒んでいきます。  

病んでしまう大きな原因にもなります。

営業を辞めたいと思う理由その⑥:人間関係に疲れた

社内でも大変なのに、外部でまで気を遣ったりしていくのに限界を感じるケース。

営業を辞めたいと思う理由その⑦:つまらなくなった

一度成果を出したり、目標を達成したりして物足りなくなってしまうケース。  

または、『自分じゃなくてもできるんじゃ‥』とか『手を抜いても大丈夫だな‥。』と感じると急に冷めてしまいます。

営業を辞めたいと思う理由その⑧:数字が嫌い

結果主義に嫌気が差してしまう場合です。

無機質になりがちな部分もあるので、仕事自体が楽しくなるなってしまいます。  

また、頑張ったことを評価されなくて嫌になるケースも。

営業を辞めたいと思う理由その⑨:トークが苦手すぎる

圧倒的に口下手で自分自身に絶望するパターン。

営業を辞めたいと思う理由その⑩:会社が嫌

営業以外のところでストレスを受けるパターンですね。  

いくら営業が好きでも所属する部署や会社のことを好きになれなければ継続していくのは難しいですね。

営業を辞めたいと思う理由その⑪:やる気が起きない

営業は無気力状態に陥ってしまうリスクを秘めた職種です。

なぜなら孤独な時間が多いから。  

特に嫌になったわけでもなく成績が悪いわけでもないのに急に全てのことが面倒臭くなってしまうことがあります。

営業を辞めたいと思う理由その⑫:監視がきつい

ある程度の自由を求めて営業職になったのに、会社のがんじがらめな監視や管理に嫌気が差す場合。  

GPSをつけられたり、頻繁に電話してきたりされると当然鬱陶しくなりますね。

営業を辞めたいと思ったら‥

営業をもう続けることが難しいと思ったら下記の手順で行動してみてください。

  • その①:メリットを数える
  • その②:スタイルを変える
  • その③:サボって副業する

ひとつずつ深掘りしていきます。

営業を辞めたいと思ったら(1):メリットを数える

営業にはメリットがたくさんあります。  

今一度立ち止まりメリットを数えてみましょう。

営業を辞めたいと思ったら(2):スタイルを変える

営業にも様々な種類があるので手法や目標を変えるのも手です。

 

営業を辞めたいと思ったら(3):サボって副業する

大声でおすすめはできませんし、完全に自己責任でお願いします。  

営業のメリットのひとつとしてある程度時間を自分でコントロールできる点があります。  

そこまで辛く無い場合は、営業を続けつつ開いた時間に副業をしてみるといいかもしれません。

【営業を辞めたい】環境を変える前に注意する2つのこと

  • 早すぎるのはNG
  • 理由を明確化しておく

上記のとおり。 順番に見ていきましょう。

注意点その①:早すぎるのはNG

目安としては1年間くらい。

あまりにも早すぎる退職は、次の就職に影響します。  

できるだけスキルやノウハウを盗みつつ1年間くらいは耐えましょう。

注意点その②:理由を明確化しておく

退職の申し出をする時と、転職時に必要です。  

また自分自身がブレないようにするためにもできるだけ細かく、明瞭に理由を準備する必要があります。

 

ということで、今回は以上です。  

繰り返しになるますが、営業は全てのビジネスに役立つスキルです。  

身につけておいて絶対に損はないので、できるところまでで良いのでやれるだけやってみましょう\( ˆoˆ )/

コメント

タイトルとURLをコピーしました